交通事故治療の前の準備

交通事故治療の前の準備 交通事故治療では健康保険が使えません。
ですから緊急に搬送される場合を除いては準備が必要です。
交通事故治療の場合その費用は加害者が支払うことになります。
健康保険では第三者の行為による負傷は給付対象になっていないのです。
したがって加害者が事故直後直ちに自分の加入している保険会社に連絡を取るよう要請することが大事です。
連絡を受けた加害者の保険会社がきちんと対応してくれれば最初から治療費の請求書は加害者側に行くことになり、被害者がたて替えをする事態にはなりません。
また交通事故治療は最初に自覚症状がないとしても病院でしっかり検査して適切な治療をしてもらう必要があります。
後遺症が残る可能性も0ではありません。
念には念を入れて診察してもらうことが大切です。
また、初診時に加害者側の保険会社の対応が間に合わない時は自由診療になり被害者が十割の診療費を一時的に負担しなれればならないこともあります。
そのようなときは事後のために領収書や医療費明細書は大事に保管しておかなければなりません。

交通事故治療の流れ

交通事故治療の流れ交通事故でケガを負ってしまうことはよくあることです。
もし自分が被害者で加害者側の保険をつかって治療を行うというときには、交通事故治療の手順の流れがあります。
まずは、警察に事故証明をしてからレントゲン施設のある医師のいる病院に通うことが必要です。
整形外科などでケガの状態をみてもらってから診断書を書いてもらいます。
そのあとで交通事故治療がはじまります。
ときどき病院にいくというよりも週に3回程度かよって、なるべく早く治るように心がけることが必要です。
病院にいく頻度については医師とよく話し合うことも必要です。
半年以上通って治るのでしたらそれで治療は終わりということになりますが、どうしても治らなくて後遺症が残るという場合があります。
そのときは医師から症状固定という診断をつけてもらってこれをもとにして、加害者側の保険 会社から、慰謝料や賠償金がきまっていきます。
きちんと治療をうけても治らないということが前提となります。