交通事故治療は専門家の適切な治療と指導が必要

交通事故治療は専門家の適切な治療と指導が必要 交通事故治療は、ごく軽症ですぐ治ることが確実なものなら別ですが、打撲であってもひどい状況であれば、後遺症が残ることも考えられますので、初期の頃から専門家の治療を受ける必要があります。
専門家とは、整形外科医ということになります。
整骨院で目覚ましい治療効果が得られることがあるのは事実ですが、後遺症認定の審査では、整形外科医の診断でないと、信用されない面があります。
できれば、交通事故治療の実績がある整形外科医が望ましいですが、全国どこの地域にもいるわけではありません。
ただ、少なくとも整形外科医からの治療であることは必須となります。
後遺症認定の際に必要となる後遺症診断書は医師にしか書けません。
整骨院でも似たような書類は出せますが、認定審査の場では、あまり考量されません。
整形外科医が初期の頃から適切な治療をし、その指導のもとで現在の症状になっている、という経過でないと、後遺症認定はされづらくなります。

交通事故治療は問診に沿って治療内容も変わる

交通事故治療は問診に沿って治療内容も変わる 交通事故治療で受診すると、まず初めに頭を打っていないか問診で尋ねられます。
受傷部位が足であっても、必ず聞かれます。
頭は打っていないと答えると、受傷部位の治療が始まります。
頭は打ってもすぐ症状が出ない場合もあり、しかも症状が出た時は重症であることもあるからです。
頭を打っている場合は、本人に自覚症状がなくても、精密検査が必要と判断されることもあります。
 また、交通事故に多いむち打ち症の診断をする際にも、問診は重要です。
むち打ち症は首のねん挫で、骨折ではないため、レントゲンにも映らず、MRI検査をしてもほとんどの場合、異常は発見されません。
しかし、映像に映らない異常が存在し、後遺症が残ることもあるため、その診断には問診が欠かせないものとなります。
その内容によって、むち打ち症となっても無理がない状況と判断されれば、交通事故治療の方針も大きく違ってくる場合があります。
適切な治療を初期の頃から続けるためにも、正確にはっきりと答えることが大事です。