むちうち(頚部捻挫)のリハビリ、マッサージ:交通事故治療

むちうち(頚部捻挫)のリハビリ、マッサージ:交通事故治療 交通事故の後遺症の代表であるむちうちは、医学的には頚椎捻挫という傷病名になります。
交通事故の瞬間には体に大きな衝撃があり、頚椎も可動範囲以上にしなったり振られてずれたり歪みが発生することがあります。
骨格がずれたり歪む時には周辺の筋肉や靭帯にも損傷が及び、交通事故の外傷の治療が終わってからも首の痛みが続くのがむちうちつまり頚椎捻挫の代表的な症状です。
むちうち後遺症の交通事故治療では、事故の瞬間に衝撃を受けでずれたり歪んだ頚椎の骨格の矯正と痛みのある筋肉や靭帯のケアがポイントです。
交通事故治療に強い整骨院・接骨院では、歪みやずれの箇所を丁寧な検査で探してそこに直接手技や鍼灸経絡治療でアプローチをして取り除く骨格矯正の整体をメインにむちうち後遺症を治療しています。
単純なリラクゼーションマッサージと整骨院や接骨院の骨格矯正による交通事故治療との違いは、骨格矯正では後遺症の根本原因である骨格のずれや歪みを取り除くので治療後に痛みがぶり返さない点です。

【むちうちの種類と症状】その後の治療法と交通事故治療での対処法

【むちうちの種類と症状】その後の治療法と交通事故治療での対処法 むちうちは交通事故の後遺症の代表で、腰痛や首の痛みの症状がよく知られています。
しかし、むちうちと一口に言っても種類がいくつかあり症状の現れ方もさまざまです。
交通事故の瞬間には、追突や急停車の衝撃で骨格や骨盤は大きくしなったり振られて歪みやずれが発生することがあります。
この骨格や関節の歪み・ずれが筋肉や靭帯を傷めて腰痛や首の痛みが慢性化するのがむちうち後遺症の中でも一番症例が多い捻挫型です。
また、ずれた骨格が神経根を刺激するとシビレや坐骨神経痛が主な症状の神経根型のむちうちとなります。
さらに、交通事故の衝撃が大きく、骨格や関節のずれが重症で神経根の刺激が自律神経系統にまで及ぶとホルモン分泌のバランスの乱れからいろいろな自律神経失調症状が現れる後遺症となります。
むちうちの中でも、自律神経失調症状が発現するタイプはバレリュー症候群と呼ばれています。
交通事故治療に強い整骨院や接骨院では、こうしたいろいろなタイプのむちうち後遺症に対して骨格矯正の整体で治療をしています。
骨格矯正ではむちうち後遺症を起こしている根本原因の骨格のずれや歪みを取り除くので、治療後に症状のリバウンドが見られないのが整骨院・接骨院の交通事故治療の特徴です。