窓口負担なしで整骨院では交通事故治療が受けれる

窓口負担なしで治療が受けれる 交通事故治療を受ける場合は、一般的な健康保険は使えず、実質全額を窓口負担しなければなりません。
治療費の全額負担となると、多額のお金がかかってしまいます。
交通事故の場合、最終的には事故の加害者側が治療費を支払うわけですが、交通事故には過失割合というものが存在します。
加害者側が100%悪いという事故はほぼ稀であり、少なからず被害者側にも過失が発生するのです。
しかし、交通事故治療においては加入している保険会社に治療費を請求するシステムを利用することができます。
この場合、整骨院等に支払う窓口負担はなしで交通事故治療を受けることができます。
多く場合は、加害者側の保険会社が全額を医療機関に支払い、過失割合に応じて被害者側の保険会社がその割合分を加害者側の保険会社に支払うといったシステムがごく一般的です。
ですが、最終的に保険会社が支払うといっても、多少なりは被害者自身が立て替えることもありますので注意して下さい。

整骨院なら病院の受診をしながら通院が可能

病院の受診をしながら通院が可能 交通事故治療として整形外科を受診する場合、打撲に対する湿布や骨折などへのギプス装着、その後のリハビリなどの医療行為が行われます。
そのなかで痛みや患部の動きがぎこちないなどの不便を感じ、それらの症状をよくしてくれる整骨院へ通いたいという声は多くなっています。
交通事故治療は健康保険の対象となっていますが、保険の範囲内で病院の治療を行いながらこのような整骨院へ同時期に通うということも不可能ではありません。
この対象となる保険は自賠責保険に限られますが、両方の通院をして問題ないとされています。
保険担当者にご相談ください。
整骨院の中には自賠責保険の手続きを代行してしてくれるところもあります。
また同時に2か所へ通うことになった際には、整骨院で施術を受けたい旨を病院の担当医に伝え断りを入れておくことも大切です。
治療する場所を決めるのは患者の意思が尊重されます。
自分に合った整骨院を見つけて通院できるよう、インターネットや口コミで整骨院を探すことをお勧めします。