整骨院でも交通事故の保険が適用できる

整骨院でも保険が適用 不幸にして交通事故に遭ってしまったときに、交通事故治療は、医療機関でしか保険適用できないと考えているとも少なくないでしょうか、接骨院でも交通事故治療に特化している治療院であれば、保険が適用されます。
医療機関での治療も限られていてなかなか思うように改善できない場合もあるのが、交通事故の特徴です。
また、事故に遭った直後ではなく数か月してから症状に悩まされてしまうこともありますし、数年後に後遺症に悩まされてしまうこともあります。
接骨院でも適用してもらえて交通事故治療が可能ですので、しつこい痛みやしびれなどに悩まされている方は、医療機関だけではk改善が期待できないままだった場合など接骨院でも治療を受けてみることで改善や緩和が期待できるのでおすすめです。
しかも、全額自己負担ではなく保険が適用してもらえるので、より経済的に少ない金額で治療ができるというメリットもあるので、接骨院はおすすめの治療ができる治療院と言えるでしょう。

自賠責保険の適用と限度額

自賠責保険の適用と限度額 交通事故治療では相手方が任意保険に入っていない、もしくは任意保険を使おうとしない場合であっても、自賠責保険を使うことができます。
自賠責保険は、受傷者の過失が7割を超えていなければ、満額の120万円まで交通事故治療に使えます。
後遺障害の限度額は4千万円で、死亡事故の限度額は3千万円です。
受傷者の過失が7割以上8割未満であった場合は、後遺症や死亡なら2割が減額されます。
傷害に対しては過失が7割以上10割未満の場合は一律2割が減額されます。
受傷者の過失が8割以上9割未満なら、後遺症・死亡に対して3割が、9割以上10割未満である場合は5割が減額されます。
受傷者の過失が10割であった場合、例えば停止して当然の場所に停止している車に追突したり、赤信号無視をしたり、センターラインを越えたりした場合は、相手方にまったく責任がないため、自賠責保険は適用されません。
自損事故の場合も、受傷者が他人ではない場合も、自賠責は適用となりません。